Kazの気化式加湿器

 自然の潤いが部屋をやさしくする。
 「カズ・気化式加湿器」は安心で優し
 い加湿器ですぅ。

 適用面積が広いのも気化式の特徴
 で、コイツは14畳まで使えます。

 水を加熱して蒸気を噴出する形のス
 チーム式に対し、気化式は乾燥した
 空気を取り込み、一度水をくぐらせて
 湿度を加えた空気を出すという仕組
 みなので、スチーム式にくらべ電気
 代もかからず、何より加湿が「さりげ
 ない」のが気に入っているところであ
 りますっ。



                  
 と、ここまではどこかのレビューを写
 したみたいですが、、、、本体の中身
 はこんな感じぃ。

 バケツ状の水槽に紙フィルタをくるり
 んと設置するだけっ。(笑)

 今の世の中、「除菌・マイナスイオン」
 は当たり前〜、、ハイブリットだの首
 振り機能があったりハイテクな感じな
 のが主流ですが、対極に位置するか
 のような超絶シンプルな構造です。

 水桶部分はポリ素材かなぁぁ?

 USA製という事もあり、きっとあなた
 なら「日本人をバカにするんじゃねェ
 〜〜ゼ!」と叫んでしまうハズだぁ。

               2008/12/05
この加湿器は、給水がとても楽チンですぅ。
ファン横の給水口からペットボトルでドバドバ入れられます。(5リッター以上入りますわ)
だからと言って動画のように、アクエリアスを入れちゃぁ〜、イケマセンぜぃ。。。。

わが家の場合、一日で水がカラッポになります。(この水は何処へ、、、)
それでも湿度40%には届きませんねん、、、、どんだけ乾燥してるんじゃぁ!

ネットで検索したら、安い所で6000円〜で買えちゃいますね。
ただし、ファンの騒音が多少気になる方もおられるかもしれません。

ま、とにかくモデルチェンジもなくシンプルで丈夫なこの加湿器は、年中使ってもイイんじゃね〜デスか。
実を言うと、この加湿器を買ったのはもう8年ほど前なのであります。

ついこの間まで、ナショナルのハイテク加湿器を使ってましたっっ。(笑)
他にも「イオリー霧」など、あやしいモノもありました。。。(すぐに壊れたっっ)

で〜、日本の場合、加湿器(家電全般?)って毎年新モデルが出るじゃないですか。
翌年になったら生産中止・・・・って、みなさん頭に来ませんか?

内部のフィルタもちょっと掃除をサボると、ヌルヌルになったり石灰で白くなったりして、不潔な感じだしぃ
フィルタを買いに行けば、お店の人に「これ、お取り寄せになりま〜す」みたいに言われたり、、、、
もっと最悪なのが、こういうフィルタなどのサプライ品って高いんだよね。
カラーインク交換を2回するなら、新しいプリンタ買えるじゃん、、、、って言われるのと一緒。

確かに今のメーカーは、サプライ品で儲けるような商売になっているのですがね、、、、


     プンプン・・その@

 フローリングの床に大きな隙間があ
 って、掃除機ではなかなかゴミを吸
 い取れません。

 仕方がないので、楊枝で掘り堀りし
 てゴミをかき出しましたっ。

 場所がキッチンの床なので、色々な
 カスが溜まっていて、と〜っても不衛
 生だよなぁぁ。

 なんとかならないものですかね〜、、


 プンプン。。

 

     プンプン・・そのA

 一条のキッチンはキャビネの広さや
 引き出しの奥行きなど、収納力につ
 いては文句ありません。

 使い勝手も、オリジナル品にしては
 そう悪くはないデスしぃ。


 ただ、わが家のキッチン収納は引き
 出しからキャビネットまでオールステ
 ンレス仕様、、?

 今どきのiクオリティは材質が違うの
 かもしれないっス。






 当初はピッカピカ鏡面でカッコイイ感
 じだったのですが、年数を経るごとに
 汚れがぁぁ、、、

 ただ掃除をサボっているだけェ?・・・
 と言われそうですがっ。(汗)

 手垢?つ〜かステンレスの錆なのか
 掃除しても何しても落ちません。

 ピカールで研磨しても、この痕がキレ
 イになりませ〜ん、、  


 プンプン。。



 

    プンプン・・そのB

 厳密に言えば腰板ではないのです
 けども。

 腰板を施行できない壁スペースの板
 っつ〜か。

 綿埃がたくさ〜ん詰まっておりました
 ので、掃除機で吸い取りました。















 石膏ボードが丸見えですっ。(泣)
 そうかそうか、ここは茶色に染めた綿
 を詰め込んでおけばいいのダな。

 しかし、これに限らず妙な隙間が目
 立つのだが、一条の家は板の膨張と
 か反りとか計算して故意にこのよう
 な施行をしているのだろっか、、


 プンプン。




 

     プンプン・・そのC

 主寝室には棚と出窓が一体化され
 たファニチャーウインドウというモノが
 ありますっ。

 ま〜、このアイテムは一条のウリの
 ひとつになっているのですが。(笑)

 で、この棚の左右には鍵がついた引
 き出しがあって重要なモノを入れて
 おけます。

 がぁぁ、、この鍵穴のせいで扉が開
 きません。。。(汗)



 
★☆★  年末の大掃除をしていて思ったこと色々。。  プンプン四連発だわっ!!     20081231
たしか嫁さんの話では、この扉は引渡し時
から不具合があり交換して頂いたとの事。
そ〜だったっけ、、、よく覚えていない。
部屋と出窓の外の温度(湿度?)差のため
に扉が反っているのかなぁ。
ま、寝室なので、この扉はほとんど開けた事
がないしっ。

鍵穴にぶつかって、これ以上進みません、、
プンプン。
FLASHなので再生出来なかったら
  ゴメンナサイ。
       (右クリで再生し直してね)
FLASHなので再生出来なかったら
  ゴメンナサイ。
       (右クリで再生し直してね)
 
    腰壁パネルについて思う

 玄関から1歩中に入ると高級家具で
 使用されるソロモンマホガニーを用い
 た腰壁パネルやシューズボックス、
 飾り棚などの造作物が本物の品格を
 漂わせる、、、  

        む〜ん。

 まぁ、高級感とか飽きのこない設計
 なんて言いますけれど、高級(感)と
 高級は別物ですし、もう飽きちゃって
 ます。(笑)

 ばーか!、腰壁パネルなんかダンボ
 ール固めただけじゃん!なんてご意
 見もあるのですが(汗)、高級ゲに見
 えれば、それで良しッ。



 でもね〜、最近はRの加工部分がだ
 んだん安っぽく見えるようになってき
 たのですよ〜〜。
 
 このヨレヨレ感は何んだろう。。
 薄っぺらの紙に印刷したのが剥がれ
 たわけじゃあるまいしッ・・・



 こんな感じでスジ状に浮き上がって
 いる箇所もあるのだが、、、





                2009/03/12 

    強制給気口のフィルタ交換

 わが家の場合、冬場に湿気で24h
 強制給気口フィルタがグッチャグチャ
 になるので、春になると一斉に交換
 いたします。
 (カビ臭くなるしねッ)

 しかし、まぁ何ですね〜、毎年見慣
 れたとは言え、今年も蟲の屍骸がて
 んこ盛りですぅ。(笑)

 家の中に7箇所給気口がありますが
 どこも同じような状態です。

 蟲がたくさん集まったのでクッション
 が出来そうですがぁぁ。

                2009/05/11